新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査について

当院では令和2年年末より院内にて新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査を行っており、至急の場合当日中に結果を報告できる体制としています。

検査の種類

PCR検査の対象と費用負担

  1. 熱や咳など風邪症状がある場合:行政検査として健康保険と県の費用負担で検査を行います。検査部分は自己負担はありませんが、診察費相当部分については通常の保険診療に伴う自己負担が必要です。
    診察時間は新型コロナウイルス患者との接触状況によって異なります。新型コロナウイルス患者との接触が明らかな方は時間外に設定している発熱外来をご利用いただきます。
  2. 社会経済活動に伴ってご希望される場合:健診と同じ扱いですので、全額自費となります。
    当院では11時台に原則としてドライブスルー方式で唾液を検体に検査を行います。鼻咽腔ぬぐい液についてはご相談ください。

症状があって検査を受ける場合

当院では発熱患者に対応する診療・検査医療機関として登録し、発熱患者に対する新型コロナウイルスの検査を行っています。新型コロナウイルス感染症においては軽症であっても発症後長期にわたる療養・隔離が求められ、濃厚接触者となる家族への活動制限も強く加わることになります。従来精度の高いPCR検査を優先しておりましたが、令和4年3月に厚生労働省の通達で検査の簡便さや迅速さのメリットがある迅速検査を活用するように通達がありましたので、当院ではご希望に合わせて迅速検査またはPCR検査を行わせていただきます。

主な保険診療での検査対象
  • 所属先(学校や園)で新型コロナ感染症患者が発生している方で、風邪症状があるとき
  • 発熱が続くなど一般的な風邪の経過と異なるとき
  • 感染リスクの高い医療処置を行う場合(鼻咽腔ぬぐい液採取、リハビリなど)
  • その他、新型コロナ感染を疑う状況や症状があるとき

※保健所で濃厚接触者に認定され健康観察中に風邪症状が出た場合についても、保健所で受診を指示された場合、保険診療での検査対象となります。この際の診療は発熱外来時間帯で行います。

自費検査のご利用案内

新型コロナウイルス感染症のパンデミックに伴って、海外渡航時には陰性証明書が求められるようになるなど、社会活動において新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査を必要とする場面が増えてきています。このため、当院では精度管理や検査台帳の整備などを行った上で厚生労働省に登録し、新型コロナウイルスのPCR検査を自費で提供しています。また、海外渡航用の陰性証明書発行施設として、経済産業省の海外渡航者新型コロナウイルス検査センターTeCOTにも登録しており、当院の陰性証明書は海外渡航用の公式な証明書として御利用いただけます。

自費検査のご利用にあたっては説明を十分に読んで来院前に書類の準備をお願いします。ご不明の際には電話でお尋ねください。特に海外渡航では限られた時間内での検査・証明発行が必要となりますので、当院が指定医療機関として認証されるかどうか、検体種別(唾液か鼻咽腔ぬぐい液か)などについて相手国大使館などに十分ご確認ください。また、症状ある方の保険診療を優先して行います。受診時間の変更をお願いする場合には可能な範囲でご協力ください。

海外渡航に伴って検査をご希望される場合

海外渡航に伴って検査をご希望される場合は、次の資料をご確認いただきご予約下さい。なお、海外渡航においては、出国までの時間制限がある場合が多く、また、中国など一部の国では各国が医療機関を指定していますので、当院にご連絡いただく前に各国在日大使館などであらかじめご確認ください。

  • 説明についてはこちらをご覧ください。鼻咽腔ぬぐい液による検査をご希望される場合や、事前口座振り込みをご希望の方はあらかじめご相談ください。
  • 健康証明書が必要な場合、院内での診察が必要です。日時についてはあらかじめご相談ください。
  • 申し込み書:こちらを印刷してご記入ください。
  • 陰性証明書(見本):こちらに準じて発行します。参考に掲載しています。印刷は不要です。
  • 検査費用例;病院様式陰性証明書が必要な場合=22,000円(検査費用+病院様式診断書)、陰性証明と健康証明書必要=34,100円(検査費用+持参様式診断書+健康証明書)
  • 海外渡航で健康証明書(fit to fly health certificate)のみ必要=17,600円(持参様式診断書+健康証明書)
  • オプション費用で当日の結果報告も可能ですが、機器のトラブルや偽陽性反応の疑いなどにより判定確定まで時間がかかることがあります。時間に余裕を持って予約するよう、ご協力をお願いします。

国内での活動に伴ってご希望される場合

国内での活動に伴ってご希望される場合は、次の資料をご確認いただきご予約下さい。 国内での活動に伴って検査をご希望される場合、別添の要件を満たすリピート予約の方に検査料金の割引を行っています。割引料金でのご予約の方には検査方法などの詳細の説明は行いません。

  • 説明についてはこちらをご覧ください。鼻咽腔ぬぐい液による検査をご希望される場合や、事前口座振り込みをご希望の方はあらかじめご相談ください。
  • 申し込み書:こちらを印刷してご記入ください。
  • 陰性証明書(見本):こちらに準じて発行します。参考に掲載しています。印刷は不要です。
  • 検査費用例;インターネットによる陰性証明書の場合=22,000円(検査費用+病院様式診断書)、病院様式陰性証明書が必要な場合=22,000円(検査費用+病院様式診断書)
  • オプション費用で当日の結果報告も可能ですが、機器のトラブルや偽陽性反応の疑いなどにより判定確定まで時間がかかることがあります。時間に余裕を持って予約するよう、ご協力をお願いします。

症状がないものの感染が不安で検査をご希望される場合

保健所の濃厚接触者調査が縮小されており、お知り合いの方が陽性になったことで御不安でPCR検査をご希望される場合に、診療の妨げにならない範囲で自費検査でお受けします。

  • 説明についてはこちらをご覧ください。感染が不安で検査をご希望される場合、鼻咽腔ぬぐい液による検査はおこないません。
  • 申し込み書:こちらを印刷してご記入ください。
  • 陰性証明書(見本):こちらに準じて発行します。参考に掲載しています。印刷は不要です。
  • 検査費用例;インターネットによる陰性証明書の場合=22,000円(検査費用+病院様式診断書)、病院様式陰性証明書が必要な場合=22,000円(検査費用+病院様式診断書)
  • オプション費用で当日の結果報告も可能です。

会社単位など集団で検査をご希望される場合

会社単位などの集団検診にも対応いたしますが、その場合はおおむね19時ごろから開始して検体採取を行い、結果は通常翌日夕方までに代表者様まで電話でお知らせします。各団体様のご都合と院長の予定を相談の上、検査日時を確定させていただきます。資材や試薬確保の都合などにより検査上限人数は変動しますので早めにご相談ください。翌日に診療に差し障るため、翌朝の報告はできなくなりましたのでご了承ください。

  • 接触者の新型コロナウイルスPCR検査依頼書:こちらをご覧の上、代表者がご記載、お申込みください。
  • 接触者検査名簿:こちらを参考に名簿を作成し、PCR検査依頼書に添えてお申込みください。
  • 訪問PCR検査の事前準備と当日の流れ:こちらを参考に会場のご準備をお願いします。受付で管理者またはそれに準じる方などにより本人確認を行っていただきます。
  • 説明同意書:こちらを印刷し、受検者にお渡しください。同意書と身分証明書の写しを検査の際に回収いたします。
  • 検査費用例:職場で20人分の検査を実施=550,000円(検査費用+時間外対応費用×20人分)※現時点では通常診療に支障をきたしますので診療時間内の集団検診は行っていません

対象者全員検査等定着促進事業に係る無料検査について

当院ではワクチン・検査パッケージ、対象者全員検査等定着促進事業に係る無料検査に対応する検査医療機関として登録し、対象者に対する新型コロナウイルスの無料検査を行っています。本事業による検査では翌日の昼以降に検査結果をインターネット上で報告します。

無料検査の検査対象
  • ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業:飲食、イベント又は旅行等の活動に際し検査結果の陰性を確認する民間事業者の自主的な取組等に応じて当該事業を利用しようとする者(入店者・入場者等)が、受検する検査の経費<令和4年6月末まで>
  • 感染拡大傾向時の一般検査事業:感染拡大時に、感染リスクが高い環境にある等の理由により感染不安を感じる者(新型コロナウイルス感染症状が出ていない者に限る。)が、知事の要請(特措法第24条第9項に基づくものをいう。)に応じて受検する検査の経費<令和4年1月末までで終了>

公式な情報はこちら

該当する場合に限り公費にて無料で検査を受けることができます。検査をご希望される方は事前にこちらを記入して午前10時から11時30分の間にお越しください。

検査を受ける方の自主的な検査は無料検査の対象外です。同じ高齢者がいる実家への帰省に当たっての検査でも「実家の親族に要望され」ていれば対象です。検査を他者から要望されたことがはっきりするように申立書をご記載ください。公式なQ&Aはこちら。特に、「会社(自社)からの指示で」との問い合わせが多いですが、無料検査の対象外ですので、会社の福利厚生費により自費検査で受検してください。

無料検査のご注意(4月1日から)
  • 無料検査は4月1日から原則として抗原検査に変更されました。近隣の薬局で抗原検査を行われておりますので、当院では例外となるPCR検査をご希望される方を受け入れます。
  • 無料PCR検査の対象は、相手先から検査を求められた方のうち、①受検者が10歳未満の場合②高齢者・基礎疾患を有する者との接触を予定している場合(高齢者施設入所者や入院者への面会等)に限られます。対象者に該当するかどうかのお問い合わせは岡山県無料検査事務局までお願いします。
  • 検査1時間前から飲食やうがいは避けてください。検査の感度がさがり、見逃しが増えてしまいます。
  • 感染対策のためすべて屋外で対応しています。
  • 対象者全員検査等定着促進事業ではクリニックの南50mにある職員駐車場にお車をお停めいただき、クリニックまでお越しください。満車の際には時間をかえてお越しください。路上待機やクリニック前駐車場のご利用はご遠慮ください。
  • ご来院後、クリニック西側受付窓を通して書類の授受及び本人確認をし、車内で検体を採取していただきます。幼児など鼻腔検体の採取ご希望された場合も自己採取となりますのでご了承ください。
  • 原則としてインターネットで結果報告をします。検査結果報告書が必要な方はご自身でプリントアウトしてください。診察を伴いませんので、陰性証明書の発行は行いません。
  • 結果のデータは昼12時~14時頃に更新しています。診療等の状況により更新時間は変動しますのでご了承ください。
  • インターネットで結果報告を参照できない方は翌々日に検査時にお渡ししたパスワードをお持ちいただければ検査結果報告書をお渡しします。
  • 無料検査では検査の再検費用は含まれていません。判定保留となった場合は再度お申込みいただき再検査を受けてください。また、陽性判定になり再検を希望される場合は保険診療での対応となり、発熱外来をご利用ください。
  • 不明なことがありましたら、無料検査担当者にお尋ねください。電話でのご相談はご遠慮下さい。
  • 予約不要となっていますが、同時に来院される人数が多いようでしたらご一報いただけますと幸いです。

自費検査についての開示事項

コロナウイルスの自費検査では検査の質のばらつきがあるため、厚生労働省より検査に関する情報開示が求められています。当院では、自費PCR検査においても、体外診断薬として認可された試薬を用いて、厚生労働省の作成した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針に基づいて検査をしております。また発熱診療医療機関として検査陽性となった場合にはその後の必要な医療的支援まで行います。

  1. 利用者に検査を提供する機関の基本情報、問い合わせ先
    名称 かたやま小児科クリニック
    住所 岡山県津山市山北763-19
    受付時間 月~土 11時00分、11時15分
    電話番号 0868-24-1310
    メールアドレス info@kpc.ped.jp
  2. 検査費用(自費検査1人(回)あたり22,000円(税込))
  3. 検査費用に含まれるサービスの内容;検査分析、検査結果報告料
  4. 検査費用に含まれない費用;
    陰性証明書発行料:当院様式1通あたり5,500円(日本語または英語、税込)、持参様式1通あたり11,000円(税込)
    健康証明書発行料:1通あたり6,600円(税込)
    当日報告対応:1人(回)あたり5,500円(税込)
    時間外対応:1人(回)あたり5,500円(税込)
  5. 検査(分析)を実施する機関の種類;医療機関または委託検査機関
  6. 医師による診断;有
  7. 海外渡航用の陰性証明書の交付;可
  8. 検査(分析)方法;PCR法
  9. 検体採取方法;鼻腔、唾液
  10. 検査時間;検査の開始から検査結果の通知までに要する期間 36時間以内
  11. 検査人数(実施数);1日2名まで(それ以上は要相談)
  12. その他、開示事項
    ・委託検査機関:岡山医学検査センター、津山中央病院(外部委託とする場合)
    ・検査方法は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針」に準拠しています
    ・精度の確保に係る責任者;院長 片山 威
    ・精度の確保に係る各種標準作業書・日誌等を作成しています
    ・検査(分析)機関として内部精度管理を行っています
    ・検査方法に関する書面を交付しています

自費検査において利用者に説明すべき事項

 コロナウイルス検査ではたとえ無症状の自費検査であっても陽性となった場合には感染者として感染症拡大防止のために必要な対策を行っていただくことが必要となります。そのことを十分確認の上、検査を受けていただくことが必要です。厚生労働省から自費検査を受けるにあたり説明すべき事項として次の通り例示されています。これらの内容について疑問のある場合には事前にお問い合わせください。

  1. 発熱や咳などの症状がある場合は、身近な医療機関に相談すること
  2. 医師による診断を伴わない検査で結果が陽性の場合に、検査機関に提携医療機関がある場合には、被検者本人の同意に基づき、検査機関から医療機関に検査結果(陽性)が報告されること。
    提携医療機関がない場合には、自分で受診相談センターまたは身近な医療機関に相談すること。
    身近な医療機関を受診する場合、事前に電話すること。
    相談の結果、医療機関で再度検査が必要になる場合があること。(当院は発熱診療医療機関であり、原則として当院で対応します)
  3. 医師による診断を伴う検査または提携医療機関等の医師により新型コロナウイルスに感染したと診断された場合には、医師が感染症法に基づく届出を行うことになること
  4. 偽陽性・偽陰性の可能性があること
  5. 検査結果は検査時点での感染状況に関するものであって、陰性であっても、感染早期のためウィルスが検知されない可能性やその後の感染の可能性があり、感染予防に努める注意が必要であること

かたやま小児科クリニック
岡山県津山市山北763-19

【診療時間】

月~水、金曜日
8:30~12:30
14:30~17:30

木、土曜日
8:30~12:30

【休診】

日曜日・祝祭日

【電話番号】

0868-24-1310