当院における感染対策についての取組方針

新型コロナウイルス感染症では飛沫感染に加えて、接触感染の対策が必要とされています。当院では、従来より完全予約制の個室診療とし、感染対策を行っていますが、今回の新型コロナウイルス感染症においては接触感染についての対策をより強化して取り組んでいます。ご不便をおかけすることもありますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

個室待合・個室診療
当院では待合を設けず個室で診療を行っています。速やかに個室にご案内することで、待合室での感染リスクを減らしまています。診療終了後には毎回診察室の椅子およびベッド、ドアノブを消毒しています。
完全予約制
予約制にすることで同時間帯の来院人数を制限し、出入りでの接触を減らし、最低限の滞在時間となるようにしています。当日にご予約いただいても、お待たせせずに診察室にご案内できます。なお、診療の進行状況によってはまれに一旦お車でお待ちいただく場合がありますのでその際にはご協力ください。また、予約が集中した場合、時間を広げて予約を受け付ける場合があります。分散受診にご協力ください。
換気
各診察室は換気扇を設置しており、診療時間中は機械換気を行っています。空調との兼ね合いで、暑かったり寒かったりする場合もありますが、掛け物で調整いただくよう、ご協力よろしくお願いします。
接触感染予防
ドアノブを介した接触感染予防のため、前室の扉を開放しています。また、各診察室では診察に使用しました器具やベッド・ドアノブを診察後に毎回拭き上げ消毒を行っています。また、待合に用意していました、おもちゃや絵本も撤去してます。待ち時間対策を用意してお越し下さい。
非感染外来の時間の設置
通常14:30から午後の診療が始まるところを早めて14:00から15:30までの間を、湿疹・予防接種・花粉症・喘息等の定期処方など、風邪症状のない方の診察の時間としています。昼寝の時間と重なり、来院時に体温が高めで予防接種が見合わせとなるお子さんがおられます。夏のあいだは特に道中で熱がこもらないよう涼しくしてお越し下さい。
ドライブスルー診療
11時台に院内に入らず、お越しの車内で診察を行うドライブスルー診療をおこなっています。院内に入らないため、廊下ですれ違うことで感染するリスクが軽減されます。準備の都合上、事前に処方箋を準備できる安定期または軽症風邪の方に限らせていただきます。
オンライン診療
感染拡大状況によっては、LINEおよびpaypayを用いたオンライン診療を行います。オンライン診療では身体状態の確認が行えないため、診療の精度が低下します。可能な限りドライブスルー診療など短時間でも対面を伴う診療をご利用ください。

この他、医療従事者が感染の媒介者にならないために、職員全員がマスクを着用し、医師は白衣を着用し診療させていただいています。気道検体採取や気道吸引時には飛沫防止用ゴーグルを着用しています。また、スタッフは体調管理に努め、体調不良時は休ませます。スタッフが少なく診療を縮小し、急な受診日の変更をお願いする場合もあるかもしれません。その際にはご協力のほどよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための特別な対応について

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に伴って電話による投薬など非対面による診療が容認されています。小児科診療の大部分を占める風邪の場合は新型コロナウイルスやインフルエンザを含めてウイルス性疾患では去痰剤や解熱剤による対症療法(支持療法)で自然治癒します。一方、溶連菌感染症では抗生剤を内服しないまま症状が遷延化した場合に腎臓に二次的な炎症を起こしむくみなどを起こし入院治療が必要となるなど症状は同じでも異なる治療が必要な疾患もあります。このため当院では引き続き対面による診察を重視し、積極的な電話診療やオンライン診療は行わない方針です。

一方、一部の医療機関では院内感染を契機に多数の感染者が出るなどしており、医療機関が感染を媒介しないための工夫が一層必要と考えられます。当院は診察室の清拭や換気を強化して患者同士の感染対策に配慮していますが、診察室は個人情報を扱うため機能上「3密」環境となるよう設計されており、患者スタッフ間の感染リスクが避けられません。スタッフの体調管理に心がけ体調不良時には勤務しないように指示していますが、無症状のスタッフからウイルスを伝播してしまう可能性も0ではありません。

以上を考慮し、最低限治療方針の異なる病態を区別するために簡易に診察を行うことと3密環境となる診察室を利用しないことを両立させるため、駐車場での「ドライブスルー診療」を行うことといたしました。ご希望される方は説明をよくご覧の上、条件をすべて満たすことをご確認の上、「ドライブスルー診療」でご予約ください。

また、感染の拡大の程度によっては、安全のためリハビリを除くすべての診療を院内でおこなわず、3密環境となる診察室を利用しないことを優先し、駐車場での「ドライブスルー診療」と「オンライン診療」を中心とした診療とさせていただく可能性があります。感染急増期にはご不便をおかけしますがご協力をお願いします。

ドライブスルー診療

ドライブスルー診療では以下の流れで事前に処方箋を準備致します。処方箋の内容が事前に確定しない場合は受診時間の変更をお願いしたり、診察の結果で診察室での診療をお願いすることもありますのでその際にはご了承ください。(すべての診療を院内で行わないとした場合には、以下の条件とは無関係にすべての診療をドライブスルーで行います)

  1. 外に出て当日の天候をご確認ください
  2. ネットで来院1時間前までに「ドライブスルー診療」枠で予約(詳細な症状経過、希望薬剤を記載ください)
  3. 当院では予約を確認し、処方箋を事前に準備します
  4. 予約時間にご来院ください
  5. 当院駐車場に駐車後、お持ちの携帯電話か当院玄関のインターホンでお名前とお車をお申し出ください(駐車場にスタッフがいる場合はスタッフにお伝えください)
  6. 診察前に処方箋を薬局あてにFax送信します
  7. 医師が処方箋を持って診察に伺います
  8. ドアまたは窓を開けていただき、チャイルドシートに着席のまま着衣を緩め前胸部と背部の聴診を行い、喉の診察をします。(前開きまたは首にゆとりのある肌着でお越し下さい)
  9. 診察中に保険証および子ども医療費受給者証を確認します
  10. 診察後に処方箋をお渡しします
  11. 診察の結果事前に準備した処方箋と異なる処方が必要と判明した場合や検査が必要と判断される場合には、下車していただき以降は診察室で診療いたします(診察時に軟膏の追加などを依頼されても再度処方箋をお持ちすることはいたしません)

ご利用いただくための条件

ご利用条件を満たさない場合は事前に受診時間の変更をお願いしたり、診察の結果診察室での一般診療をお願いすることもありますのでその際にはご了承ください。

以下のすべての条件をみたす方に限ります

  • 当院で以前受診したことがある方
  • 前回受診したとき提示した保険証・子ども医療費と記載内容に変更がない方(変更があると処方箋準備ができません)
  • 子ども医療費受給者証が有効期間内で自己負担がない方(金銭授受は行いません)
  • 事前に処方内容が指定できる方(以下の症状別の記載も参照ください)
  • 予約システムにメールアドレスの登録があり、速やかにメールで連絡がとれる方(処方のための情報が不足している際にはメールで連絡します)

慢性期疾患の場合

以下のいずれかの場合にご利用いただけます

  • 気管支喘息やてんかん、抗うつ剤などの定期的な処方
  • 気管支喘息の気管支拡張剤、てんかんや熱性けいれんのけいれんどめの座薬など緊急薬の追加処方
  • 6ヶ月以内に処方した湿疹の軟膏や保湿剤の追加処方

他院での定期処方については対応いたしません。通院先の医療機関で対応についてご相談ください。

備考欄:記載例

気管支喘息でオノンを続けて飲んでいます。夜に咳が少し出て3日ほど咳の時の薬を飲みましたが、ここ1ヶ月はゼイゼイすることもなく元気に過ごせました。オノンと咳の時の粉薬(ムコダインとムコサールとメプチンの混ざったもの)とホクナリンテープを3日分ください。薬局はきたぞの薬局本店に行きます。

風邪症状の場合

以下のすべての条件をみたす方に限ります

  • 咳や鼻水、喉の痛みのいずれかがある
  • 発熱がある場合、当日か翌日まで
  • 耳痛がないもの(耳鏡での診察はできません)
  • 頭痛がないもの(臥位での診察が必要です)
  • ゼイゼイした呼吸困難がない
  • 処方対象薬:カルボシステイン(去痰剤;ドライシロップ、錠)、アセトアミノフェン(解熱剤;座薬、ドライシロップ、錠)のいずれか

備考欄:記載例

昨日から鼻水が出ています。夜から咳が出て3回起き、熟睡できていません。今朝の熱は37.1度で、夜も熱はなさそうでした。保育園では流行っているものはないです。元気そうなので、いつもの去痰剤を粉で処方して頂きたいです。解熱剤は手持ちがあります。薬局は大手町薬局クレオ店に行きます。

雨天時や強風時には、処方箋の汚損防止のためドライブスルー診療は行いません。天候の急変等の際にも診察室への移動をお願いします。

オンライン診療

コロナウイルス感染症の感染防止策としてLINEおよびpaypayにて特例として認められた手段を用いてテレビ電話によるオンライン診療を行います。オンライン診療においては通信に関する費用を別途徴収することが認められており、保険診療に伴う医療費自己負担分に加えて通信に関する費用として1100円を負担していただきます。

必要なもの:診察券・保険証・子ども医療受給者証・ネット環境・LINEが使えるスマートフォン・LINEアカウント・PayPayアプリと残高

支払いにあたっては画面越しに提示した診療用QRコードをスクリーンキャプチャーしスマートホンに保存していただく過程があります。本ページにQRコードを載せるとスクリーンキャプチャーのお手間を取らせなくて良いのですが、PayPayの規約上、掲載できません。大変お手間を取らせますが事前にお使いのスマートホンのスクリーンキャプチャー機能についてご確認ください。

  1. 予約システム https://kpc.ped.jp/cgi-bin/reserve/yoyaku.cgi にて、オンライン診療枠で診療予約を行う
  2. 患者様または保護者の方のスマートフォンのLINE機能で、当院のLINEアカウントを友だちに登録する  ※友だち登録の方法:友だち追加 → 検索 → ”友だちのIDで検索”に「katayama1001」を入力
  3. LINEで当院宛に、ご予約の時間・受診される方のお名前・診察カードの画像・処方箋を受け取る薬局名・保険証の画像を投稿する※保険証をLINEで送ることがご不安な方は、その旨を記載の上、クリニックのメールアドレスまでお送りください。
  4. 予約時間の前後に「かたやま小児科クリニック」からLINEでビデオ通話をかけますので、本人または保護者の方に対応していただきます。保険証または診察券を画面越しに提示頂き、本人確認をいたします。
  5. 通信に関する費用として1100円をお支払いいただきます。診療用QRコードを提示しますので、QRコードの画面をスクリーンキャプチャーしスマートホンに保存してください。PayPayアプリを開き、「支払う」をタップ → スキャン支払い → スマートホンに保存したQRコード画像を選択の順に操作し、通信に関する費用をお支払いください。
  6. お支払い後、医師による診察を画面越しに行います。
  7. 処方薬が出た場合は、最寄りの薬局へFAXを送ります。薬局へ直接薬を取りに行く他、対応した薬局では配送を依頼できますが一般的に送料負担などが必要です。配送に時間を要すこともあり風邪など急性疾患では直接取りに行くことをおすすめします。
  8. 保険診療に伴う自己負担がある方には請求額が確定後LINEで請求額を送付します。
  9. 請求額受診後、先程と同じ手順でPayPayアプリを開き、「支払う」をタップ → スキャン支払い → スマートホンに保存したQRコード画像を選択と操作し、診療費をお支払いください。
  10. 当院から薬局に処方箋の原本を後日送付します。

医療関係者の方へ

かたやま小児科クリニック
岡山県津山市山北763-19

【診療時間】

月~水、金曜日
8:30~12:30
14:30~17:30

木、土曜日
8:30~12:30

【朝 活】

月~土曜日
7:00~7:30
【医師のみ】

【休診】

日曜日・祝祭日

【電話番号】

0868-24-1310
(緊急時24時間対応)